加圧トレーニングで生き返るモノ

さて、前回では“加圧トレーニング”のメリットについて書きました。
今回も引き続き“加圧トレーニング”に関する事について書いていきます。

おさらい

・加圧トレーニングの2大メリットを紹介しました。
①成長ホルモンの分泌促進
②毛細血管の拡張(ゴースト血管の拡張)

・「成長ホルモン」は大体15歳くらいをピークに加齢とともに分泌量が減るが、出なくなるわけではない

・「睡眠時」と「高負荷トレーニング時」に多く分泌される

・「加圧トレーニング」は「低負荷」なのに「成長ホルモン」が多く分泌される

・「低負荷トレーニング」にも関わらず、「乳酸」を分泌させてプーリングすることで、うまく悩をだまして「成長ホルモン」を多分泌させることができる、というのは「加圧トレーニング」の大きな特徴

といったところまで記したかと思います。

加圧トレーニングを行う2つ目の大きなメリットとして、

「血管の拡張(ゴースト血管の拡張)」

があります。

これは先日記した通り、適切な圧で「腕の付け根」もしくは「脚の付け根」を圧迫することで「静脈」の流れを主に制限し、圧迫した先の血液が心臓に戻らずたまる(プーリング)ことによって起こります。

血液がたまると普段使っていなかった血管(ゴースト血管)にも血液が逃げるようになります。

画像3

これによって毛細血管を含む、いわゆるゴースト血管も拡張して血液が分散されるようになります。

そうなると今まで以上に細かい部位まで血液が循環するようになり、老廃物の除去や酸素やエネルギーの受け渡しが行われるようになりますので、肌がきれいになったり、疲れにくくなるような効果を感じられるというわけですね。

ただし、この効果は加圧した先(腕や脚)のみです。

当たり前ですが、加圧してないところの血管は拡張しませんので上記のような作用は起こりません。

その代わり、「成長ホルモン」は脳から分泌されるため全身に作用します。

なので、「成長ホルモン分泌促進」+「加圧した先の血管拡張」が大きな目メリットということです。

本日は以上です。