血管年齢が若返る

さて、前回から“加圧トレーニング”について書いております。
今回も引き続き“加圧トレーニング”に関する事について書いていきます。

おさらい

・加圧トレーニングの2大メリットを紹介しました。
①成長ホルモンの分泌促進
②毛細血管の拡張(ゴースト血管の拡張)

①「成長ホルモン」

・大体15歳くらいをピークに加齢とともに分泌量が減るが、出なくなるわけではない

・「睡眠時」と「高負荷トレーニング時」に多く分泌される

・「加圧トレーニング」は「低負荷」なのに「成長ホルモン」が多く分泌される

・「低負荷トレーニング」にも関わらず、「乳酸」を分泌させてプーリングすることで、うまく悩をだまして「成長ホルモン」を多分泌させることができる

②「毛細血管の拡張(ゴースト血管の拡張)」

・血液がたまると普段使っていなかった血管(ゴースト血管)にも血液が逃げるようになる

・毛細血管を含む、いわゆるゴースト血管も拡張して血液が分散されるようになる

・細かい部位まで血液が循環するようになり、老廃物の除去や酸素やエネルギーの受け渡しが行われるようになる

・肌がきれいになったり、疲れにくくなるような効果を感じられる

■加圧ウェア

1台数百万円する器具もありますが、日常的に取り入れていく上では、1着数万円で購入出来る「加圧ウェア」の活用をオススメしました。

硬くなるのは筋肉だけじゃない

加齢とともに柔軟性がなくなって硬くなるのは、筋肉だけではありません。実は、血管も硬くなり血液がスムーズに循環しにくくなるため“高血圧”になります。この状態が進行したものが“動脈硬化”であり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を招くことに繋がります。

血管の弾力が増す

加圧により、毛細血管を含む血管が拡張することは上記にも書きましたが、実は“一酸化窒素”という物質が加圧することで血管内皮細胞から生まれ、血管の弾力を取り戻す助けをしてくれます。

画像3

これにより血液を巡らせる為の血管が増え(蘇る)、その1本1本の質も高まるという一石二鳥の効果があります。血の巡りが良くなれば、筋温も向上しやすく身体の柔軟性も向上しやすくなるという好循環が生まれます。
そういった点でも『加圧トレーニング』はオススメです。

本日は以上です。