さあ、ダイエットをしよう6

皆さん、こんにちは。
スモールジム『Sweet Fitness』代表トレーナーの佐藤です。

さて、前回に“噛むことの大切さ”についてお伝えしました。
オススメした30回以上噛むことは出来てますでしょうか?
食べたいものを食べて痩せるためにもぜひ身につけていきましょう♪
これも“体重管理”という考えの重要なポイントになります。

では、今回も“ダイエットしたい方”向けのシリーズ第6弾です♪
今回は『寝る前に気を付けることについて書いていきます。

寝る2〜3時間前は水以外は口にしない

これには理由として大きく3つあります

1、内臓の活動時間

画像3

肝臓は12時前後、すい臓は15時前後がピークと言われています

食べたものを消化したり、エネルギーを産生する場所が

休みたいのに、休めないのは

過重労働を強いている状態に近いです

これはイメージがしやすいと思いますが

消化効率が悪くなりますし、身体に負担をかけます

自分がされて嫌なことは、自分の身体を支えてくれている

臓器にもしないよう労っていきましょう

2、遺伝子の声を聞く

画像2

少し専門的になりますが、時計遺伝子の一つが作る

BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質の1日の変動を示したものです

夜に増えているのが分かりますね
(※21時から2時前後がピークで15時が最も少ない)

実はBMAL1は、脂肪の合成を促すとともに、

脂肪細胞の分化を促進して新たな脂肪細胞を作り出す働きがあるそうです
(要は“太りやすくなる”)

3、活動エネルギーを消費しない

皆さん、夜は何をしていますか?

寝るだけですよね?

なので、代謝も落ち込む時間帯にエネルギーを補充しても

無駄(脂肪)になってしまいます

夜更かし論の言い訳は、そもそもの睡眠の質を落としますし、

体重管理はもとより身体の管理をする上でもマイナス要素が

大きくなります

以上が、寝る前に水以外は口にしない方が良い理由です

寝る前に食べないように意識はしているけど、

上手く痩せないという方は、

次回にも体重管理の秘訣を書いていきますので、また覗きに来てください。

そして、今すぐ知りたい!という積極的なあなたは、是非『Sweet Fitness』でお待ちしております♪

当クラブでは、個々に合った1回50分間のオリジナルプログラムを提供する中で、体重管理についてもお伝えしていきます。

所沢付近にお住まいの方は、ぜひ今までにない体験をしにお越しください。遠方の方も興味がありましたら公式LINE登録だけでもまずはしてみてくださいね♪

本日は以上です。