足の悩み相談室

“足”についてシリーズ化して書いています。
前回は“体幹”を鍛えるには“足”を鍛えることが効率の良い考え方と書きました。今回はさらに掘り下げて“アーチ”について書いていきます。

人間の進化はアシにあり

画像1

・内側縦アーチ:足の親指から踵(かかと)にかけて描くアーチ
(いわゆる土踏まずと言われる部分)
・外側縦アーチ:小指の付け根から踵にかけてつくられるアーチ
・横アーチ:足の親指から小指にかけて左右に広がるアーチ

と、当たり前のように感じる3つのアーチですが、実は同じ霊長類のサルなどには、最後に記した横アーチがありません。そのおかげで、木の枝を容易くつかめたり柔軟性に優れています。反面、立って歩くことが苦手です。
私たち人間は横アーチを手に入れたことで、ウォーキングやランニングを容易くして移動距離(運動能力)を伸ばして、更なる進化を果たしました。

アーチの役割

・荷重の分散
・荷重時の安定性
・足部の剛性調整

と、ちょっと難しい表現になりましたが、要は地面からの衝撃を和らげる働きを主にしてくれています。では、アーチがなくなるとどうなるのか?
それぞれ見ていきましょう。

・内側縦アーチ(土踏まず)の低下
➡︎いわゆる『扁平足』というやつですね。衝撃吸収がしづらく足が疲れやすく、長時間立っているのがしんどくなります。
・外側縦アーチの低下
➡︎3点支持が上手く出来ないことで足部のバランスが不安定になるので、やはり足が疲れやすくなります。
・横アーチの低下
➡︎いわゆる『開張足』というやつで、足指の付け根あたりに力がかかるので、そこにマメやウオノメが出来やすくなります。

では、このようなトラブルに悩まされないためには、適切なアーチをどう保ったら良いのか?

続きはまた次回に書いていきます。

本日は以上です。